スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来場者の声~シュガー・カーテン

シュガー・カーテンをご覧いただいた方々の感想です。

===========================
☆何処の国も現状行き詰まっているように感じた

☆社会主義について考えた

☆キューバはもっと豊かな国だと思っていたのに、イメージと違ってびっくりしました。どの国も大変だなと思いました

☆建物も車も道路もすべて古く、中には崩壊しそうな気配ありありなものもあるが、それがむしろ安心感を与えてくれるのは、生きている人達がもつ、それこそ生きる力なのだろう。金も物も一応不自由ない日本よりも、たくましく生きる人々がすてきだ

☆キューバ経済(砂糖産業)、歴史の背景を勉強しているともっと楽しく見れたと思う。映画だけではなかなか読み解くのが難しい。国際経済(資本主義)と切っても切り離せないのは日本も同じで将来の日本を示唆しているともとれると思いました

☆キューバの現実がわかる映画でした

☆音楽とは別の問題があることがわかりました。革命と社会主義の問題、考えなければ

☆キューバの現在を理解するのは難しいと思う。ニュース等もUSA側からのものも多いといわれている。この映画もキューバの1つの面を映したものだろう。出来れば、キューバはアメリカの経済制裁に負けずにたくましく生き残ってほしい

☆もっとキューバについて知りたくなりました。家に帰って調べようと思った

☆一本だけしか見られなかったが、現在キューバの状況がよくわかった。子供たちのはずむ声、目の輝きは永遠だ・・・

☆現状報告・問題提起はよいと思うがもう少し原因分析をしてほしかった。ただ全体としては満足

☆考えさせられました。日本の地元とも重なりました

☆インタビューが長く、少し眠くなった。社会主義の現実が正直に出ていたと思う

☆キューバがどんな国なのかを少し知ることができた

☆キューバについていいことばかり書いてる本を最後まで読めなかった。シュガー・カーテンは最後まで観て考えることが出来た

☆くじに当たってアメリカに合法的に移住できた人がいたのに驚いた。説明の文字スーパーが欲しかった。何か分からないシーンがあった

☆少々、坦々としすぎててメッセージ性に欠けるかんじだった

☆ちょうど同じ年代のキューバの人たちの思いがわかった。ソ連崩壊後のキューバの状況を知ることができた

☆現在(2010年)のキューバの状況を見てみたい

☆激動の時代へ!希望を持って!!

☆とても他の国のこととは思えないです

☆キューバの土地、学校、子供たちの様子が少しでも見れて良かったです(バス時間の関係で30分程で退席してしまいました・・・)

☆思っていたより自由に暮らしている感じがした。物は不足しているようだけれど・・・。カストロさんの軍服姿のイメージが強烈なので若い人も言いたい事があまり言えない感じがあるけれど、自分の主張・正しい見識を持った人達が結構いるんだなあと感じた。閉ざされた国という感じがしなかった
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

9・8DAY


キューバ映画祭inサッポロ実行委員会(通称:CUBA THE MOVIES実行委員会)が取り組んでいる「CUBA THE MOVIES 2010」のページです。

実行委員会について
    スタッフブログ
      管理画面
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。